パパスイッチ〜コーチングコミュニケーション〜

おはようございます!!

息子(7ヶ月)がついに10キロになり、たま〜に寝返りしてくれるようになりました(サポートしないとしないけど)!笑 

ママ友達との会話で毎回といっていいほど出てくる、旦那さんの「父親の自覚」について今日はお話しさせていただきたいと思います!

以前、NHKでも産後クライシスのことをやっていましたが、ホルモンのバランスの関係でも、旦那さんを敵とみなすようになってしまうと脳科学でデータがでていましたね!

(産後クライシスのお話はまたゆっくり(•’-‘•))

ママは産まれた瞬間から24時間、自分の時間はなく、3時間おきの授乳・おむつ替え・お風呂など、否応なしに子供のペースで過ごす方が多いと思います。

 
そこでママのサポートをしてくれたり、自ら子供の世話をしてくれる素敵なパパもいるかと思いますが、、

私の旦那さんも含め、

・自分のこと優先して、子供の面倒をみない(旦那が長男?)


・休みの日も寝てばっかりで家事の手伝いもしない

(俺の方が疲れている??)


・疲れてるからとか言いながら、ゲームやスマホいじってるだけ

(ゲームしながら子供の相手をしたり。。)


・手伝うよ。しょうがないからみてるよ。

(→お前の子供だろ!!!!)



・1日中家にいるんだから、できるだろって言われる

(日中の大変さを知らない)

など、みんなの意見を聞いても出てくる出てくる!笑

旦那さん的には、普段仕事してるんだから休ませろー!ってことみたいですが、

こっちとしては、育児だって立派な仕事!

普段出来ないことを旦那さんがいる日に!!

いつもいないんだから、子供と接してほしいなーんて思ったりします!

よく言われるのは、パパの自覚は

・「パパ」って呼ばれるようになってから
・意思疎通ができるようになってきたら
・自分に似てるところがあったら

大体1歳くらいから持ち始める方が多いみたいですね!(1年後って。。。って思ってしまいますが(๑°⌓°๑))

なぜ旦那さんにイラつくのか。

そもそも「父親・母親の自覚」って何だと思いますか?

逆に何をしてくれたらイラつかないと思いますか??

・おむつ替え、ミルクをあげたら?
・家事を手伝ってくれたら?
・話を聞いてくれたら?
・子供と遊んでくれたら?
・家族の為に働いてくれたら?
・ママのサポートしてくれたら?

全部、当てはまると思います。

それぞれの家族の、父親の在り方。

それぞれのママが、何を望むか。

ひっくるめて、私は、自分軸から子供軸で生活を考えられることかなーって思っています。

・家のことはいいから、沢山稼いでこーい!って人もいるだろうし、

・子供との時間を大切に、日々のことを一緒にやってほしいっていう人もいますよね!

・もちろん両方大事って方も!

今までは自分のペースで、好きなことをして、仕事、家事とバランスを保ててきたけど、

そこにいつ何をしでかすかわからない「新しい命」がぽん!っと産まれる。

ママは徐々にママスイッチが入っていきますが、パパはいきなりどうしていいのかわからない。

女性は妊娠した時からエスカレーターに乗り、出産した時からエレベーターに乗ってママになる。
パパはそのママの背中を階段で追いかけていく。

という言葉があるそうです!なるほど!笑

ママも、産まれた瞬間にママになるのではなく、子供と沢山触れ合うことで、初めて母性が出てくると言われています。

同じように、パパは五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)全てで子供を感じて、父親脳になるそうです!

私の旦那さんは、朝7時に出て、帰ってくるのは夜中の1.2時過ぎ!休みは日曜のみ!

私は24時間一緒に過ごしていて=7ヶ月。

旦那さんは日曜日と(朝たまにを入れても)=1ヶ月半。

 
そうか、これはまだまだわかんないわ!!笑

休みの日に家にいるんだから、私の大変さわかるよね?気づいてやってくれるよね?

は通用しません!!
何が大変で、何をして欲しい??

中途半端にやっても色々言われるし、、

自信がない、どう接したらいいかわからない、どうせママじゃなきゃ泣くし。。
っていう気持ちになってしまうんですね。

ここで大切なのが、やっぱりコミュニケーション!!


そんなことわかるでしょ。ってこと
自分がしてほしいこと

いきなり「いい加減にしてよー!!!」じゃなく、
・自分が何をされた時にイライラしたのか

・〇〇な時に〇〇をしてほしかった

・それは私が〇〇な考え方をしているから

1こずつ丁寧に、具体的にわかりやすく伝えれば、旦那さんもどうすればいいのかわかり、子供と接する時間が増え、自信がもてる。

パパスイッチが入るかなー??

私も旦那さんには試行錯誤中です!笑

 

パパスイッチ〜コーチングコミュニケーション〜” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です