体のバランスを整える操体法

身体のバランスを整えると痛みも軽減。
 
本日のお客様はお身体の歪みが++(>_<)
股関節の痛みが酷く、1週間前にいらした時は何もしなくても痛みが出る状態でしたが、
運動痛(一定の動きをすると痛い)レベルまで回復してました。
 
色々とお話しを伺うと、やはり無意識の生活習慣で、お身体のバランスを崩し、痛みに発展したようです。
 
今日は私も施術で使う、操体法をご紹介します。
 
 

息・食・動・想・環境

操体法ではこのバランスが大切と言われています。
 

1.息:呼吸
2.食:飲食
3.動:運動
4.想:想念
 
この4つの自分でコントロールできるものと
 
5.環境
 
という5つが補い合いつながり合って、心身のバランスを維持しています。
 
どれかひとつのバランスが整うと他も整い、崩れると他も崩れるという性質(同時相関補連動性)
 
 
【悪くなる順序】
原始感覚の不快感→歪み→痛み→機能異常→病名診断(ケガは別です)
 
【良くなる順序】
原始感覚の快感→歪み消失→痛み消失→機能異常消失→病名消失(なおらないものもあります。)
 
 
バランスは60点でいいと言っています。
 
100点じゃなくていいってことですね(^^)
 
 

気持ちいい!!を味わう

 
1.息
深ーく、深ーく、深呼吸してみてください。
気持ち良くないないですか?
 
呼吸に意識を向けるようにすると、身体全身に酸素が行き渡る感覚を
味わえるようになります。
 
 
2.食
前歯8本は野菜用
犬歯4本は肉類用
臼歯16本は穀類用
 
と考え、2:1:4の割合で旬のものを良く噛んで腹八分目に味わって食べる
(このバランスには私的にはちょっと疑問点もあるのですが、操体法ではそう言ってます)
 
edd0193e81ad763b2f6e83644d00adfa_s
 
 
3.動(重心安定と移動の法則)
物を持ったり引いたりする時:手は小指側に力点、足は親指側に力点を置く。
 
体をねじる時:ねじる側の足に体重
横に倒す時:倒す反対の足に体重
 
前屈の時:お尻は後ろに引く
後屈の時:お腹を前に出す
 
動かす方向の反対の力を意識することで、バランスを取る心地良さを味わう。

 
 
4.想
楽:おいしい、楽しい、幸せ~、有難い~
苦:痛み、発熱、不快
 
両方あるから味わえる「幸せ」
 
頑張らなくても欲張らなくても威張らなくてもちょうどいいバランスを知る
 
 

5.環境(自然環境・社会環境・家庭環境)
 
時には快適な環境に移動したり、快適な環境を創りあげることで
 
 
なんとなく「気持ちいい」環境に身を置くことが大切。
 
 

なんとなくが大切

 
操体法では自分の「気持ちいい」感覚を大切にバランスを取っていきますが、気持ち良すぎることもバランスを崩すことにもなるので、
 
 
なんとなく気持ち良い
どことなく心地良い
 
と感じるバランスを知ることが大切!
 
その為には普段意識していない自分の感覚を感じることが重要そうですよね。
 
人間は無意識にバランスを取ろうとする性質がありますので、
 
お身体で言えば、
疲れた部分を前後左右上下に動かしてみて、なんとなく気持ちいいところを探し、それを味わうことで
快と不快のバランスを取っていきます。
 
a33d4dba8869e4d9b2372228bd4e0983_s
 
 
心と身体が「なんとなく気持ちいい」と感じることをしよう!!
 
 
 

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました(^^)

プライベートサロン「心と身体のメンテナンス」
Reset&Start(通称~リセスタ~)


整体やアロマトリートメント、リフレクソロジーの技術でお身体を!!


カウンセリングやコーチングの技術で心を!!


心も身体も元気だと、子育てだって楽しめちゃう❤


ご予約サイトhttps://reserva.be/resetstart

お問い合わせinfo@resetstartmam.com

 


——————————————————


Reset&Start<facebookページ>
https://www.facebook.com/resetstartmam


リセスタmam<facebookグループページ>
https://www.facebook.com/groups/reset.start/


Reset&Start mam<HP/ wordpress>
https://sub.resetstartmam.com/


Reset&Start<HP/アメブロ>
http://ameblo.jp/reset-start/


なみず けいこ<facebookページ>
https://www.facebook.com/keiko.funamizu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です