健全な子育とは?

今日は1月3日の記事に書いた「健全な子育て」⇒コチラ
について深堀してみたいと思います!!

 

 健全ってどういうことかな?

辞書では…

1.身心が正常に働き、健康であること。また、そのさま。2.片寄らず堅実なさま。あぶなげなく確かなさま。

とあります。

まずは心身共に「健康」であること。 フムフム

片寄らず堅実… とはとは?

片寄る…正しい状態からずれて、不公平・不均衡になる。偏する。
堅実…手堅く確実なこと。確かであぶなげのないこと。また、そのさま。

なるほど〜

中立的で確実なのね…

では、リセスタ辞書では…

健全…心身ともに健康で、やりすぎず、やらなさすぎず、思い込みや決めつけがない状態

とします!(笑)
ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

 なぜ、健全であることが大切なの?

子どもはスポンジのような吸収力があると言われてますよね?

なので、親がやりすぎず、やらなさすぎず、思い込みや決めつけがない状態で関わることが、子供の才能を伸ばすことに繋がると思うんですよね。

私達大人だって、実は自分の親に教えられたルールに今だに縛られていることがよくあります。

例えば食事の時、
果物から食べたいのに、「デザートはご飯食べ終わってからよ!」なんて教えられるので、
「果物=デザート」とインプットされて、食後のデザートとして食べる。

なーんてことありませんか?

これも正しくもあり正しくもなっかったりするんですよね〜

だってね、ファスティングを学んでいる方に聞いたんですが、果物は最初に取った方がいいらしいですよ。

でも、無意識に果物は一番最後に食べる!なんて思ってるわけで…親の影響を多大に受けている…

これって、まさに思い込みと片寄った考え方ですよね?

そんな風に、親の何気ない言葉がその子の「ルール」になっていきます。
42dccd6743fe6c34ee7ba5c1ec0fa4f3_s

 

 ママが健全であることが大切!!

ママの何気ない言葉や行動がルールになるとするなら、間違いなくママが健全であることが大切だと思いませんか??

ママ体調が悪かったら?
ママがイライラしていたら?
ママの考え方が片寄っていたら?(ルールを強く持っていたら?)

きっと、ちゃんと子供と向き合ったコミュニケーションを取るのは難しいですよね…

なので、ママの体調管理と心の安定、自分ルールを知ることが健全な子育てに第一歩だと思うのです。
a33d4dba8869e4d9b2372228bd4e0983_s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です