自分の言葉の辞書

おはようございます!!!

みなさん、自分が今、普段何気なく使っている言葉の意味、考えたことありますか??

私はコーチングを勉強するまで、ほとんど考えたことがありませんでした!笑

例えば「優しい」という言葉1つでも

・何でも言うこと聞いてくれる人


・いつも笑顔で笑っている人


・大事な時に厳しいことを言ってくれる人


・プレゼントくれる人

と、同じ言葉でも人それぞれ解釈が違ったりします。

面白いですよね♬

「あの人優しいよねぇー!」

「私優しい人が好きなんだよねー!」

の優しいの意味は、相手と自分で違ったりする
どちらも「優しい」人に変わりないのですけど。

人は無意識で思い込んでいる、「自分の言葉の辞書」を持っています。

優しい・嫌い・結婚・家族・幸せ・自由・信頼

などなど、数え切れない定義が曖昧な言葉が存在します。

それら1つずつに、自分の中で「こういうもの(定義)」が決まっているんですよね。
無意識にですけど(笑)

自分の気持ちの定義

自分の言葉の辞書




1人1人違うのに、普通に会話できちゃってるってスゴイですよね!

コミュニケーションですれ違いがうまれてしまう理由の1つに、この言葉の定義が違うことがあります。

例えば
「この子は立派な子になってほしいよね」
と夫婦で話したりしても、、

奥さんの立派→人の気持ちを考えれる、信頼される存在

旦那さんの立派→東大に入って、社長になれる存在

全く違うけど、2つとも「立派」ですよね。

これを知った時、私は衝撃でした!!!
今まで沢山の人と話してきたこと。

全部「私の定義」で会話をしてきたけど、相手の言っていたことはもしかしたら全く違うものだったかもしれない!!と

人は感情の生き物。

女性は特に感情が豊かな方が多いと思うのですが、言葉の定義が曖昧だから感情を揺さぶられるのかもしれません。

自分の中で言葉の定義の整理ができると、何が嬉しくて、何がイラつくのかがわかったり、
コミュニケーションでのすれ違いが減っていくかもしれません♬

もう1つ重要なのが、

この言葉の辞書、
子供もしっかり自分の中で作り上げていくということ。

それは、親が決めることではなくて、自分で身につけていくのですが、その過程で親が言っている言葉の影響をとても受けています。

「〇〇だから、えらいんだよ」

「家族って〇〇ってことだよ」

親の言葉はその子の言葉の意味(価値観)になったりしちゃうんです!

親が伝える方が良い言葉の辞書と、子ども自身が考えて作り上げてほしい言葉の辞書。

6ヶ月の息子はまだしゃべれませんが、もうしっかり私の言葉を聞いて、理解してるなって感じます。

何気なく、普段から使っている言葉

意識てみると、面白いかもしれませんよ(*´ `*)

ライター:リセスタスタッフ 渡辺 郁実

Follow me!

渡辺 郁実

渡辺 郁実
柔道整復師 アロマセラピスト
男の子のママ

私は、「身体の外側はもちろん、内側(心)のケアができて、初めて治療ができる」をモットーに施術をしています。

R&Sに来た方が、「ここに来てよかった」とホッと一息つけて、また元気が出てくるような場所になれるように、精一杯施術させて頂きます!!
どうぞよろしくお願いします!

甘えん坊な息子の子育てに奮闘中です!!

毎日の子育てのこと、身体のこと、心のこと。。。
コラムで何かみなさんに役立つ情報があれば幸いです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です